フィンペシアの語り場

フィンペシアについてのブログ投稿します!

コストが圧倒的に抑えられるフィンペシアとは

      2018/09/27

AGAのジェネリックであるフィンペシア

フィンペシアとはインドの大手製薬会社がAGAに対して脱毛抑制効果が認められている先発医薬品と同じ有効成分をもとに開発したジェネリック医薬品のことですが、正確には販売が開始された時点では先発医薬品の特許が切れていなかったため、先発医薬品と同様の有効成分を含むAGA治療薬という事になります。
その後、2015年に先発医薬品の特許が満了を迎えたため、日本国内でもジェネリック医薬品の開発が進み複数の製薬会社から販売されています。

副作用には注意

フィンペシアは先発医薬品と同じ有効成分という事でAGAに対する効果・効能はほぼ同等であると考えられます。
そのため、先発医薬品と同様に2型5α還元酵素を阻害しAGAの原因となるDHTを抑制する効果があるので、AGAが原因で起こる生え際や頭頂部からの脱毛を防ぐ効果があり、先発医薬品と同様に半年以上服用を続けることで現状維持効果から、軽度改善・中等度改善・著名改善といったAGAに対する効果が見込めます。
また、先発医薬品と同様に前立腺の肥大を防ぐ効果もあるため、前立腺疾患にも効果を示し癌化するのを防ぎます。

ただ、先発医薬品の効果・効能が同等ということは当然、服用による副作用のリスクも伴うので、重篤な副作用の報告はないものの、性機能の低下などの副作用が報告されていますし、胎児に障害が出るなどの影響を及ぼす可能性があるため、妊娠中の女性や妊娠の可能性がある女性の服用は禁止されています。

リーズナブルな価格

こうした特徴を持つフィンペシアですが、先発医薬品との大きく異なる点で最大の特徴と言えるのが値段の安さです。
先発医薬品は医療機関で処方を受けた場合、1ヶ月分が6,000円から8,000円程度はしますが、フィンペシアの場合、通販・個人輸入代行業者を通じて購入すると、1ヶ月分が2,000円前後で購入できるので、先発医薬品よりもAGA治療に毎月かかるコストを圧倒的に抑える事ができます。
個人輸入でこのAGA治療薬を購入される方が多いのは取り扱っている病院が少ないからであって、病院で処方してもらう事も可能です。

AGAの治療の場合、フィンペシアの用量は1日1mgで、服用を続けることによりAGAが原因の脱毛を抑制しヘアサイクルの正常化に導きます。
実際にこのAGA治療薬の服用を続けている方からは「費用対効果から考えると良い」「コストパフォーマンス・効果ともに抜群」など、低コストとその効果に満足している人が見受けられますし、ミノキシジルの外用薬との併用で効果が高まる事を実感している人も少なくありません。

 - フィンペシア