フィンペシアの語り場

フィンペシアについてのブログ投稿します!

フィンペシアとはAGA治療のためのジェネリック医薬品

      2018/10/01

AGA治療薬のジェネリック

フィンペシアとは、AGA治療薬のジェネリック医薬品のことです。
AGA治療薬の先発医薬品と同等の効果を持つジェネリック医薬品であるため、その効果は非常に高いです。
基本的に、日本国内で入手できるAGA治療薬はたった1種類しかありません。
しかも、正規で入手するためにはAGA治療を専門的に取り扱っているクリニックまで行かなくてはならないので、費用も手間もかかってしまいます。
その点、フィンペシアはジェネリック医薬品であるため費用も手間もかけずに入手することが可能です。
有効成分も先発医薬品と同質であるため、先発医薬品を服用した時とほぼ同じ効果を期待できます。
具体的には、前立腺疾患に対する効果とAGA治療に関する効果を期待できます。

DHTと薄毛

元々、AGA治療薬に利用されている成分は前立腺肥大を治療するために考えられた成分であり、AGA治療にそれを流用したのは臨床段階での偶発的な結果です。
ですから、フィンペシアを服用することで前立腺疾患を抑えて症状を和らげてくれる効果を期待できます。
もちろん、これに加えてAGAの症状を抑える効果も期待できます。
AGAの原因となる物質は、男性ホルモンが特定の酵素と結びついて発言するDHTという物質です。
AGA治療を行う際には、何よりもまずこのDHTが作られるのを防がなくてはいけません。
DHTは、毛母細胞の活動を弱くさせて、その人が本来持っていたヘアサイクルそのものを狂わせてしまう性質を持っています。
ヘアサイクルが狂ってしまうと、体毛の本来の成長ができなくなってしまうので、将来的に必ず脱毛症に悩まされます。
この根本的な悩みを解決してくれるのがフィンペシアです。

適切に取り扱うべき

また、使用上の注意に関しては男女でそれぞれ異なります。
男性の場合は、長期的な服用を見込んで必ず薬を購入しなくてはならないので、少なくとも1年間は継続して購入できるだけの資金を準備しておくことが大切です。
ジェネリック医薬品だと、正規のクリニックの薬よりかははるかに安いのでそれほど大きな費用は必要にならないでしょう。

一方で、女性の場合はそもそも薬を服用しないように気をつけておく必要があります。
女性にとってAGA治療薬に含まれている有効成分は毒性が非常に強く、触れることすら厳禁になっています。
女性の場合は、その女性本人だけではなく胎児にまで影響を与えてしまう可能性があると分かっていますので、扱いには注意をしておきましょう。

 - フィンペシア