フィンペシアの語り場

フィンペシアについてのブログ投稿します!

AGA治療薬のフィンペシアの偽物に注意

   

AGAの治療薬

AGAの治療薬の中でも有名な医薬品はプロペシアです。
最近は、プロペシアのジェネリック医薬品や同等の作用を持つ医薬品が登場していますが、AGAの治療効果を持つ医薬品の一つがフィンペシアです。
内服薬タイプのAGA治療薬、プロペシアと同じく5α‐還元酵素を阻害する作用があるので、脱毛を促しているDHTの生成を抑制する事が出来るため、発毛への期待を持てるなどの特徴があります。
ちなみに、プロペシアの後発医薬品などのような説明をネットの中で見かける人は多いのではないでしょうか。

個人輸入代行サイトを使おう

フィンペシアはインドの製薬会社が開発を行った5α‐還元酵素阻害薬で、主成分はプロペシアと同じものが利用されています。
そのため、ジェネリック医薬品などのようにイメージされる人も多いかと思われますが、この医薬品が登場した時点ではプロペシアの特許は切れておらず、本来ジェネリック医薬品は特許化が切れたものを別の製薬メーカーが開発したものになります。
特許が切れていないのにも関わらず、同等の成分を持つ医薬品を開発、製造販売が出来るのは、インドには特許制度がないためです。
利用する側にとっては、プロペシアよりも値段が安い、毎日服用する事が発毛への期待に繋がるなどからも、安い医薬品を使ってAGA治療を行いたいと考える男性も多いと言えましょう。
但し、フィンペシアは日本では承認薬として認められていないなどからも、病院などでの処方は行われていません。
必要な場合は、個人輸入代行店を利用して海外から輸入が行われている医薬品を購入する必要があります。

信頼できるショップを選ぼう

個人輸入代行店は海外の製薬会社や医薬品を取り扱う会社から日本に輸入を行っている会社組織であり、日本法人の会社もありますし、海外の会社が日本の通販店で医薬品を紹介し、販売を行っているなど様々です。

医薬品の輸入においては、個人輸入であれば日本でも受け入れる事が出来るなどの法律になっているのが特徴です。
しかし、フィンペシアを販売するお店の中には偽物を売りつける悪徳業者もゼロではありません。
偽物には有効成分が含まれていないので、服用して正規品の医薬品のように5α‐還元酵素を阻害する事が出来ません。
また、含まれている成分が不明確であり、中には身体に害を与えるものが含まれている可能性も高いと言われています。
こうした偽物を購入すれば健康被害のリスクも高くなります。
偽物を入手しないコツは、病院で処方して貰うプロペシアを利用する、信頼出来る通販店の中でも検査をしっかりと実施しているお店を選ぶのが大切です。

 - フィンペシア