フィンペシアの語り場

フィンペシアについてのブログ投稿します!

フィンペシアの薄毛治療薬としての評価

   

薄毛治療薬のジェネリック製品フィンペシア

フィンペシアは男性の薄毛治療薬として使用されている服用薬です。
プロペシアという薄毛治療薬のジェネリック製品となります。
ジェネリック製品なので、少し安い値段で購入することができます。
しかし日本では生産されていない薬になるので、入手するには外国から輸入しなければなりません。

フィンペシアの評価は半分に分かれます。
髪が生えてきた人が6割、効果がなかった人が4割という数字が2年間くらいは変わりません。
しかし3年間使い続けると8割の人が効果があると答えているので、あきらめずに服用し続ければ髪が再び戻ってきます。

気になる副作用

薬を服用するうえで気になるのは副作用です。
フィンペシアを服用すると勃起不全になることが稀にあると言われています。
性欲が減退し、薬の服用をやめてもしばらくは性欲の減退が続いてしまいます。
男性ホルモンの分泌を抑制してしまうと言われていますが、フィンペシアと男性ホルモン分泌には直接の因果関係はありません。
男性ホルモンと薄毛にする因子の結びつきを阻害する働きをするので、男性ホルモンの分泌には関係がありません。
しかし実際に性欲が無くなったという声はちらほら聞かれるので、服用するときは注意する必要があります。

基本的に薬は長期間にわたって服用を続けなければ効果がありません。
即効性のある薬は効果が高い分副作用も強く、また効果が薄れるのも早いです。
薄毛などをしっかり治したいときはじっくりと時間をかけて体質を変えていくことが必要になります。
フィンペシアもすぐに効果は現れません。
じっと我慢して使い続けることによって薄毛が徐々に濃くなっていきます。
そして最終的には服用をやめても髪が残ったままとなります。
即効性のものだと服用をやめるとまた抜けてきてしまうことが多いので、注意が必要です。

気になるときは医療機関に

髪が薄くなるのは遺伝によるものもありますが、病気が原因となっているものもあります。
ストレスや生活習慣の乱れによってホルモン分泌が異常となり、体に不具合をもたらします。
男性に多くみられるのが薄毛です。
病気が原因の場合は薬を服用してもなかなか改善しないことがあります。
原因となるものを取り除かなければなりません。
あまりにも効果がないときは医者に行くことをおすすめします。
今ではそうした病気専門に取り扱っているクリニックもあるので、安心して相談できます。
そうして病気の原因を取り除いたうえで薬を服用すればよりはっきりと薬の効果を見ることができます。

 - フィンペシア