フィンペシアの語り場

フィンペシアについてのブログ投稿します!

生命に関わることもあるフィンペシアの副作用

   

副作用には注意

通販で購入できるフィンペシアには、男性型脱毛症や前立腺肥大症に効果がある一方で、様々な副作用があります。
服用して副作用を発生する人の割合は、それほど高くはありません。
しかし、なかには重篤な症状を引き起こす可能性もあるので、服用前にリスクは知っておくべきでしょう。

フィンペシアの副作用

フィンペシアの代表的な副作用は、精力や性欲の減退です。
服用して精力や性欲の減退を感じる男性は多く、ほとんどの場合はそれほど悪影響はありません。
しかし、精力や性欲の減退から勃起不全になる可能性もあるので、楽観視することはできません。
特にパートナーのいる男性にとっては、重大な症状と言えるでしょう。

パートナーがいる男性が知っておきたいリスクは、勃起不全につながる精力や性欲の減退だけではありません。
フィンペシアには、男性ホルモンを抑制する成分が配合されています。
分泌される男性ホルモンを抑制すると、男性型脱毛症を改善することができますが、その一方で男児の発育を妨げる要因になります。
男児の発育を妨げる可能性があるので、当然ながら成長期にある子どもに服用させるのは絶対にいけません。

また、女性も服用するのは禁止されていて、触れることすらリスクが高いと言われているほどです。
特に注意したいのは、パートナーが妊娠している場合です。

妊娠中に男性ホルモンを抑制する医薬品を服用すると、胎児の発育に悪影響が出る可能性が高いです。
服用しなくても、触れたことで皮膚から体内に吸収される恐れがあります。

また、男性ホルモンを抑制する成分は、精液の中にも移ると言われています。
移行する量は微量なのでリスクは小さいかもしれませんが、ゼロではありません。

大切なパートナーやこれから生まれる赤ちゃんを守るためには、徹底してリスクは排除しなければいけません。
パートナーがいる、もしくは家族や職場に妊娠中の女性がいる場合は、薬は徹底的に管理して、万全を期すなら使用を中止すべきでしょう。

肝機能障害も重大なリスク

フィンペシアの副作用には、そのほかに肝機能障害も重大なリスクとして知られています。
肝臓に持病がある、肝機能が低下している場合も、同じように服用を避けなければいけません。
頭痛や腹痛、肥満やむくみ、鬱などに加え、男性の乳がんや前立腺がんなどの発がんリスクも、フィンペシアにある副作用です。
生命に関わる症状もあるので、医師に相談すべきでしょう。
万が一服用して体に異変が生じたときも、すぐに医師の診察を受けなければいけません。

 - フィンペシア